名古屋市中区新栄1-32-22

入院のご案内

入院のご案内

長期入院も安心な医療療養病床

当院の病棟はすべて医療療養病床(118床)で、慢性期の患者さまをはじめ、急性期の患者さま、および一般病床における急性期治療を終えても、引き続き医療必要度が高い患者さまを受け入れています。また、リハビリによる機能訓練や、日常のケアを行っています。さらに、急変時には急性期治療にも対応し、必要なケースでは基幹病院へ救急搬送いたします。
2016年11月1日より、急性期病棟や地域包括ケア病棟との連携をより強化するため、療養病棟入院基本料1における「在宅復帰機能強化加算」の施設基準を取得しました。転院のご相談は、医療連携室までお気軽にお電話ください。

01

入院概要

入院応需 内科、老年科
必要な物 歯ブラシ・タオルなど ※寝具、寝間着はご自身でご用意ください。
病室 個室・2人部屋・3人部屋・4人部屋、4タイプを用意しております。
※ご希望があればスタッフにお申し付けください。

02

入院の流れ

  • 1 お問い合わせ または ご紹介
    他医療機関からの転院希望の方はご相談時に紹介状(診療情報提供書)をご持参ください。
  • 2 入院相談(医療連携室)
  • 3 医師による入院判断
  • 4 ケースワーカー面談(入院案内・館内見学)
    院内見学のご希望があれば、お受けいたします。
  • 5 ベッド調整(入院待機)
  • 6 入院日決定
  • 7 入院

03

お見舞い

必ずナースステーションまでお声掛けの上、お見舞いをしていただきますよう、お願いします。職員に対する心付けは、固くお断り申し上げております。ご理解・ご協力をお願いします。

ナースステーション

面会の時間

ご面会は、14:00~20:00にお願いします。

消灯時間

入院患者さまの安静確保のため、21:00となっております。なお、患者さまの病態によっては、付添時間の制限はありません。ただし21:00以降、患者さまに付き添われる場合は、ナースステーションにお声掛けをお願いします。

施錠時間

正面玄関  20:30
北口・西口 20:00

04

病室

明るい雰囲気の病室は3〜4人部屋のほか、2人や個室も用意しています。

病室イメージ
病室イメージ
病室イメージ
病室イメージ

「在宅復帰機能強化加算」について

当院の療養病棟は、「在宅復帰機能強化加算」(118床)の届出病院です。平成26年の診療報酬改定より、療養病棟においても、在宅復帰機能を評価する項目が新設されました。現在、大学病院などの一般病院7対1入院基本料を算定する、急性期病院からの退院は、在宅復帰率80%以上が必要とされる基準があります。当院が取得した「在宅復帰機能強化加算」を届出ている療養病棟は、急性期病院にとっては、在宅に退院する扱いとカウントされます。当院では、在宅復帰機能強化加算の取得によって、急性期病院との連携をさらに強化し、積極的に患者さまを受け入れ、治療やリハビリを継続し、可能な限り在宅へ復帰することを目的とします。